July 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

「インクレディブル・ハルク」

本日は定時の日だったので、映画鑑賞。

ハムナプトラ3 呪われた皇帝の迷宮」と迷ったものの、
エドワード・ノートンでてるし、今週で行きつけの劇場での公開は終了だった
事もあり、タイトル通り続編ではなく新しく作り直された本作をば。

インクレディブル・ハルク / The Incredible HULK


2008 / 114min / USA

監督:ルイ・レテリエ
製作総指揮:スタン・リー、デビッド・メイゼル、ジム・バン・ウィック
主演:エドワード・ノートン
出演:リブ・タイラー、ティム・ロス、ウィリアム・ハート
タイ・バーレル、ティム・ブレイク・ネルソン
カメオ:ヒクソン・グレイシー、ロバート・ダウニー・Jr

上記の通り、2003年に製作されたものとは別物。
エドワード・ノートンを主人公にヒロインはリブ・タイラー。
ハルクを追う将軍がウィリアム・ハートで敵役にティム・ロス。
私的にはこの俳優陣だけで満足してしまう
まあ03年の俳優陣も良いんだけどね、作品としてみると・・・
何せ観たかどうかも定かでなかったりするほどだからね。
明らかなCGで出来たハルクな作品でしたが、面白かった。
好きなシーンはNYキャブでのリブ・タイラーかな。ああいうのはツボ。

また、最強人間ヒクソン・グレイシーの突然の登場や、
冒頭に登場するスクリーンに軍事企業スタークの文字が在ったんで、
関連させてあるのは分かったけども、流石に最後の良い所で登場するとは
予測出来なかった「アイアンマン」の主人公スターク(ダウニー・Jr)の
カメオなサプライズも私的には評価UPな点。

最強人間の基礎を垣間見る事が出来るのは見逃せないポイント、
ヒクソン・グレイシーのあのお腹は凄いですよ。
唯の呼吸されど呼吸。分ってはいてもトレーニングはしてなかったですが、
あれ観たら必須だなぁと思ってしまいました。と言う事で目指します。

そうそう、ハルク誕生をOPに凝縮して簡潔に入れ込んだ作りも良かった。

と言う事で、意外に満足な作品でした。
んでもって、気になるのがスタークの台詞。
今後のマーベル作品の展開が楽しみです。

JUGEMテーマ:映画館で観た映画

スポンサーサイト

comments

   

trackback

pagetop