August 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

「ネガヒーロー」東京千秋楽

JUGEMテーマ:絵画演劇・舞台

タイトル通り、本日は東京千秋楽でした。

乗れる二輪もないし、Minecraft に嵌り過ぎてて、スッカリ出不精な私目。

前日まではね、「J・エドガー」観に行こうかとか、

画廊に顔出しに行こうかとか考えてたんだけどね・・・

8時に起床するも、結局、マイクラ始め、気づけば14時・・・

没後150年 歌川国芳展」は流石に観にいっとかんとと言うことで

重い腰を上げ準備。
神保町経由で六本木は森ビルへ。

3F登ってビックリ、長蛇の列・・・

購入に15分。入場に15分位だったかな。いやはや・・・

専門的な浮世絵美術館はそうでもなかったりするのにねぇ。

やっぱ、こういう有名どころだと、人集まるって事か。

そんなんで、時間ギリ。

今回は一寸ゆっくり観ようかととも思ってたが、

いつも通り、人越し鑑賞。

繊細な線と、色鮮やかさは相変わらず素晴らしいモンですな、浮世絵は。

正直、コレクションしたくなりましたわ。こんな店も在るしね。


移動し、シブゲキヘ。

今日のお席はC6。左通路でゆっくりしてて好いです。

前回感じなかったが、席もなかなかコンフォートですな。

2回目の鑑賞なんで、違いを楽しむ回だったんだけど、

いやぁ・・・台詞とか綺麗に記憶から飛んでるとこあって比較が・・・

とは言え明らかに変わったとこ在りましたね。

前田さんと水野さんの殺陣。

初日はまだこの二人ならいけるんじゃないの?と思い期待した通り

息が合ってて、待つ挙動無く、間合も近くなってない?って殺陣で

内心「ほぉ〜」と思っちゃう仕上がりになってて、大満足。

力加減がムズそうな、軟弱棒にも拘らずあの杖アクションだったしね。

やっぱ、動ける人同士の殺陣は見応えありますな。

ウッチャンは前回書いたが、刀狩るに出てた吉田晃平さんとの

殺陣なんかも観たい気しますな。

しっかし、前田さんマッチョっすな。ってか公演で締まってる気。

池谷のぶえさんと福本伸一さんの

それぞれの役での見事な別人っぷりは凄い。

僕だけかもしれんが、もう何人か出演者居たんじゃないの?って

感じの記憶になってるよ。

そして、あいかわらずの素晴らしい表現されるオクイさん。

何度観ても、弱ったあのシーンは素晴らし過ぎて笑っちゃうよ。

2時間越える舞台なのに、今回もあっと言う間だった。

さっきの情熱大陸でも言われてたが、

自らに素直に生き、歩み始めた水野美紀を観る事は、

そこに新しい発見を見出す事が出来る故に、魅力的なんだよね。

ファンで在り続ける事を心が渇望する、そんな女優だわな、美紀さんは。

「Dead Mine」



どうなんだろう。日本で上映してくれるんだろうか?

向こうでDVD発売されちゃったら、買うが、スクリーンでも観たいよ、やっぱ。

まあ、向こうでも12年中旬とかみたいだでどうなるかは、分からんがね。

淡い期待を抱きつつ待つとしよう。「恋の罪」DVDもね。



スポンサーサイト

comments

はじめまして。ブログスカウト事務局の相川と申します。
http://blogscout.jp/

実はこの度、映画に関して素敵な記事を書いているブロガーさんで、
2月15日(水)に都内で開催される映画の試写会イベントに
ご参加いただける方を探しております。

昨年の有名な映画祭のグランプリを受賞した監督による期待の最新作を
いち早く上映いたします。今回特別にブロガーさんの参加枠を
ご用意いたしました。

ご興味を持っていただけましたら、こちらのフォームより詳細内容を
お申込みいただけますでしょうか。すぐにメールで返信いたします。

 ⇒ https://repo.jp/blogscout/sska_dtl.html

詳細をご確認いただいてから参加の可否を決定いただいて結構です。

#このような形でご連絡いたしました失礼をお許しください。
 もし不愉快に思われましたら、恐れ入りますがメッセージの
 削除をお願いいたします。

   

trackback

pagetop