June 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

庶民的暗号通貨投資 その11 ICOその後と今後

JUGEMテーマ:暗号通貨


新たなICOとして
延期されてた医療AIプロジェクトのNAMCOINに
参加しようかと思ってましたがICOサイトの
ログインページのみhttpになってたので参加取りやめ
ボーナス付与も大口のみと貧乏人はお呼びでない様でしたしw


昨年に参加していたICOの方は
今月一杯続くBANKERAを除き
SFICOIN
INS ecosystem
Sirin Labs
は、それぞれ取引所での取引が可能になりお値段出ました


SFIは0.0069ドルと190ドルが評価額3ドルのゴミと化しました(笑)
もっとも430枚のSFIは満期まではロックされ売買は
出来ませんし、そもそもレンディングですのでその利子を
本当に手にする事が出来れば価格は問題ではなくなります
11日目の現在残高約60ドル
一応現時点で既に対応時間には出金可能なようですが
リフティングチャージもありますので
ある程度貯まってから試してみようと思います
それまでに、受け取り用に受取手数料無料の新生銀行に口座開設です


INSはBinanceへの上場でしたのでしばらく値段みてましたが
上がりそうもなかったので半分をETHに両替
一応今の税制解釈だと利確ですね、約60000円の利益
で、その分で少しずつ勢いづいて売れていて、
銀行買収のニュースも入り期待が膨らむBANKERAを追加購入
平均取得が一気に上がってしまいましたが
まあ致し方ないですね
ホワイトペーパーの素敵な目標額の実現まで寝かしておきましょうw
薄くなってるとは言え配当もある事ですしね


テック系で期待なSRNは1.54ドル
まあこちらも上場日から右肩下がりですがビジョンに
共感してて販売予定のハードが欲しいだけなので
私的には価格は二の次であまり気にしてません


価格が出たとは言えこれらのプロジェクト自体は始まったばかりですので、世界が変わっていく様を楽しみながらみるのが今年の流れですかね

スポンサーサイト

pagetop