August 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

紅葉狩りツーリング

昨晩1時半に就寝したものの何故か5時半起床。

そんなんで、しばし考えた後、久しぶりにツーへ行ってきた。
勿論目的は紅葉狩り。



F8の空気圧調整等々準備完了し6時半過ぎEg始動。

まずは、足助の香嵐渓に行ってみた。
実は行くの初めてだったりする。
近くの道路通るだけでその混雑ぶりは察しがつく位なので、
人込み嫌いの私目は行く気にならなかった訳で・・・

初の香嵐渓、しかし早過ぎた。
駐車場の方と話すると「2週間位早かったねぇ・・・」だそうで。

来る途中の景色でそんな感じはしてましたけどね・・・

愛知・香嵐渓
» read more

下道ツーリング:長野県ビーナスライン

世間は3連休しかし私目は通常通りのニ連休であった先週末。
夜勤明けで短く更には翌日からは普通に日勤であるにも拘らず、
500kmオーバーになること確実な場所を目的地に14日(日)は走ってきた。


前日の土曜は飲み会。その所為で目が冴え結局就寝したのは4時頃。
でもって、起床は6時半・・・とは言え意外に爽やかでスッキリとした目覚め。

 に出発の旨を書き込み用意。
出発と行きたい所だけど、その前に最近鳴きが気になるブレーキを清掃。

BMW F800S キャリパー清掃

鳴きも無事解消。左が大分偏磨耗してたんで外と内を入れ替えといた。
納車から走行距離3万km。今だ一度のパッド交換もしてなかったり・・・
随分と持ちが良いですこのブレンボは。
まあ、乗り方にも因るでしょうけどね。実際最近は減り早いですし・・・

結局、8時半頃の出発と相成りました。
» read more

楽天ブログ紀伊半島一周ツーリング

今年の夏季連休は9日から17日まで。

初日である9日は10日からのツーリングに向け車載カメラのステーの
テストに本宮スカにF8で行ってきた。
常連組みお二方が居られ、しばし話し、道の駅へ。そこからが長かった。
直に帰るつもりが所さんと居合・刀の話で盛り上がり話し込んでしまったんでね。

16時頃夕立が来そうな雰囲気になったので解散。
私目は一人山の中を爆走し帰着。
テストの結果、揺れが酷くステーの方は使えない状態。フテ寝、数時間。

起きてみると一つの案が浮かんでたので、早速改良。
そんなんして、部屋に戻り風呂入って飯食ってたら日が変わり・・・

翌朝7時集合にもかかわらず2時位の就寝。しかしながら無事5時には起床。
早速準備の続きをして、F8を洗車して6時半頃出発。
ものの10分で集合場所である刈谷PAに到着。
楽天ブログで知り合ったライダー達と合流し
二泊三日紀伊半島一周「紀伊ハンター」ツーリングが始まった。


伊勢湾岸、伊勢道を南下し勢和多気から僕のマップル(2004年版)には
載ってなかった紀勢道を終点まで。そこからはひたすらR42
途中道の駅マンボウきのくに等で休憩しつつ長い三重を南下。




まだまだ南下。
途中、左手に広がる美しい海に止まらずには居られず、停車。

私目は集合写真のセッティング。
が、三脚無しなので革ジャンで角度を付け地面に這いつくばって
アングル決める訳ですが、夏の日差しで熱々となったアスファルトは強敵。
それに耐え撮ったにもかかわらず没・・・三脚の必要性を感じました。



そこからしばらく走るとようやく和歌山。
新宮で昼食な予定だったけども結局めぼしい所が無く那智勝浦の
道沿いにあった食事処つれも亭にて遅い昼食。期待せずに入ったものの
意外や意外。素朴な美味しさでGOOD。

食事も済ませ、後一頑張りのはずが、暑さと眠気に負け、
古座大橋の先のコンビニという、ホント目の前で最後の休憩。

道も知ってるしと言う事で、基本的に封印している半袖走行をし、
無事本日のお宿である紀伊大島の民宿いさぶろ荘へ到着。

夕食無しの素泊まりな宿なので、4人でタクシー使って串本町内へ。
駅前に下ろしてもらい、何軒か見て回った後ヨサゲな焼き鳥屋とり勝へ。



ココがまた、美味かった。
つくねに皮に豚トロにアスパラベーコン巻、チーズ鳥等々注文する品々
片っ端から文句無しのお味、鳥カレーも450円なのに量良し味良しで
大満足の夕食でした。しかも一人頭3000円と格安。
次また行く時は再訪させて貰いますです。
帰りはチョイとドラッグストアに寄って飲料等々買ってタクシーで宿へ。

夜の轟音に星星が20度ほど傾くまで眠れませんでしたが、
何とか就寝し5時起床。チョイとステーの調整してから朝シャワー。
で、マッタリしつつ9時頃会計も済ませ宿を後に。




くしもと大橋の写真を撮るべく途中止まってから潮岬へ。
キャンプ場の駐車場に止め岬の展望所へは徒歩でぶらぶらと。

 

ここからはR42を直走り和歌山城を目指した。
14時過ぎに無事和歌山城到着。でここでハピさんと初顔合わせ。
近くのモスにて涼みを兼ねて飯タイム。

しばしの後、和歌山城には入らずハピさんとも別れ一行は大阪へ。
時間的な事を考えて高速。
和歌山から阪和自動車道で北上し松原Jctから14号線で文の里まで。
そこから宿である天王寺東映ホテルまでは直。迷わずに無事到着。

チャッチャとシャワーを浴び、組長さんに「おひさ〜
ビアガーデンまで案内して貰いそこでビスケさんとガチ丸さん「おひさ〜

ビールの飲めない私目は烏龍茶から始まりサワー系を飲んどりました。
料理の方も意外に美味しく、特に唐揚げは好かった。

楽しい時間はあっと言う間に閉店の曲・・・
という事で急遽翌日も集まるって事にし、この日はお開きに。
3人と別れホテルに戻った4人はしばし部長の部屋で談笑。
あっと言う間に二時間が過ぎ各人お部屋へ〜

部屋に戻り風呂入ってCNNヘッドライン見て
バーニー・マックの訃報を知り「マジ?」「ご冥福を」などと思いつつ
1時頃に就寝。

3日目は7時過ぎに起床。
ソロでは食わないと分ってるので付けませんが、マスでは朝食在り。
今回も在りでしたが、何時も通り食わずに済ませ。

シャワー浴び8時半頃にチェックアウト。
パッキングし、既に来られてたひろはちさんに「おひさ〜
しばらくして、昨晩の御三人も来られ、一行9台は大阪城へ。

で、公園東側で「初めまして〜」なhahaさんと合流。
松下IMP近くにバイクを止め、徒歩にて大阪城公園を抜け城へ。
途中、撮影しながら遅れつつ付いていく。
歩くのが速い私目はその方がマイペースに歩けるし、
記録係としての書記長仰せつかってる事もあってね。



そんなんで正面まで歩いていきしばし木陰で。
その後、メニュー見てしまい、食わずには居られなくなり、
昔ならチョコを買ってたでしょうが、流石に今は食う気にならず。
ミックスを買って食っとりました。

マスらしく、ソロでは絶対に居ない時間をそこで過ごし、
飯を食いにIMPへ。そこに一階のぼて茶屋にてお好み焼きを。



可もなく不可もなく。それでいて1029円。微妙な所。
まあ、取り敢えず食えただけでも良しとします。
なにせ、和歌山では海の幸一切食って無いですからね。
もっとも、焼き鳥は美味かったので良いんですけど・・・

その後、万博公園に行き太陽の塔を遠めに眺めてから解散に。
関西勢の方々をお見送りした後、東海勢4人も帰路に。
茨城から高速に乗り、草津・御在所の休憩ポイントを決め各自フリー走行。
草津では夏のツーにはアリガタイ恵みの雨に降られたりしつつ、
あっと言う間に御在所へ。しばし待ったりした後、
最後の区間を千鳥走行し、流れ解散。んで、無事無事故無違反にて帰宅。

やはり、マスツーはソロツーとは違った楽しみが在ってヨロシですねぇ。
2泊3日がホントあっと言う間でした。

次なるは副部長企画の冬の旅。
はてさて、どんな旅になる事か?実に楽しみだ。

でもって、気付けばF8の走行距離も17ヶ月目で3万キロ目前。
う〜ん早いものだ。
ドカなら色々と交換するパーツが出てくるんでやはり15万位は
維持費が安いって事だねぇ・・・アリガタイこって。

325.6km, 263.8km, 205.5km / 029246km

にほんブログ村 バイクブログへ

先週末は甲府、んで今週末は会津なり。

前回の日曜日は楽天ブログの集まりで甲府に行って来た。
そのツーのお目当てはバイク乗り等一部でその名を轟かせてるらしい

食事処 ぼんち

私目は気持ち多めと言われた天丼を頂いたのだけど・・・

続きと言うかレポは A Better Tomorrow by 楽天 にてどうぞ。


んで、今週。もう出勤日終わっちゃったよ・・・
やっぱり早いねぇ二日も有給取ると。と言う事で明日からツーリング。

【プロペラ犬】の集会当たってれば、東京一泊で福島目指してたハズだけど、
実に残念ながら外れた・・・なのでホテルもキャンセルしてた。

が、東京のみで現在公開中の映画を観るべく調べると・・・レイトショー。
再度ホテル探し。前から行ってみたかった場所に一軒ヨサゲなトコ在ったので
そこに決定。二日目以降は流れで参ります。まあ会津に泊まる予定ですけどね。

と言う事で今日起きたら出発。
磐梯吾妻スカイライン目指し、序に那須、会津や志賀草津も回る予定也。

ツーリング X2

和歌山県・潮岬灯台

先週から今日までずっと書いてたのが10泊12日で
鳥取、京都、東京、長野、和歌山と回った2年前のツーレポ
Independent Mind
アレだけ休み毎に出かけてた割にはココのツーレポが寂しい事に為ってたのでね。

間、ずっと写真観てたら案の定行きたくなってきた。
でも、そう思ったからと言って気楽に行くのは中々出来ない現状。
税金も上がったし、ガソリンも上がったのでね・・・

と言いつつ月曜は久しぶりに本屋に行って久しぶりにジパツー購入。
8月号の特集は能登半島。

見事に行こうと思ってた所だったので思わず買ってしまったのだ

7月5日に東海北陸道が全線開通し、同時にETC周遊プランも始まるので、
前回行けなかった半島一周、日本自動車博物館
と前から行きたかった黒部ダムに行こうかなと考え中。

7月中を考えてたけど、よく考えると第一週はCIRZで楽天オフ在るし、
伊豆での楽天ツーも在り参加予定。
となるとチャンスは二回。お財布とも相談しなければならないので微妙な所。
8月もまた楽天の南紀ツーが計画されてるし・・・何時になる事やら???

鳥取県・鳥取砂丘

にほんブログ村 バイクブログへ

日本のチロル、下栗村へ

昨日日記書き上げてから天気予報見てみると、お出かけ日和な晴れ。
と言う事で、4時就寝8時半起床の10時前出発で、
タイトル通り、長野県下伊那郡南信濃村にある下栗の里(下栗村)に行ってきた。

ココは日本のチロルとも評される場所で、ちょっと期待して出発。
何時もの道で作手へ。そこからR473、R151で進む。

設楽町内でなんと現行のFIAT 500と遭遇。初めて見ましたが中々ヨサゲでした。

途中、道の駅グリーンポート宮嶋にて休憩。すると店が開いてた。
今まで開店してる時に行った事が無かったので利用してみた。
12時頃コロッケ定食注文し配膳されたのはなんと45分後・・・
之には失笑・・・余りにも数捌けなさ過ぎます、ココは。
コロッケなんか作り置きだったのに・・・まあ味が好かった分マシでしたが
他の注文もそば定食等々、そんなに時間が掛かるとは思えないのだけどね。
と言う事で、次に利用する可能性は限りなく低いかと。

道の駅を出たのが13時過ぎ、時間的にどうかなぁ?と思いつつも
出たからには行かずにはいられない性格に因りそのまま目指す事に。
R418、R152は狭道・酷道部分も在り、爆走させて貰った。
実に面白い道であっという間に下栗村の案内のある脇道へ。
因みに今日は上村中学校角の道から登りました。

「どんなんかなぁ?」
と期待しつつ登っていくと、いつの間にか村に・・・・「はい???」
ネットで読んだ記事とは違う感じなのだけど・・・
なんだろうねぇ。余り人里離れた所って感じがしない。
狭道楽しんでた所為かな?


ただ、確かに傾斜は凄いし、高所特有の景色は好かったけどね。
でもって今回は、村を一望出来る展望所の場所は判らなかったので
秋の紅葉時期にでもリベンジの予定。

それまでの狭道でパワー切れたので、マッタリと北上ししらびそ峠へ。

まだまだ上は寒かったのでコーヒーのホットを飲みつつ休憩。
太陽の日差しに温められながら山肌を上がってくる風を受け、更に目を開ければ
こんな景色。なかなか好い場所でした。
宿泊施設としてハイランドしらびそ(¥11000/1-1room)も在るので
「泊まってみるのも良いかな?」と。
まあキャンプ(¥3500)でも良いのですけどね。

パワー充電も完了したので、R152まで再び爆走。蛇洞林道走ってみようと
思ってたのだけど、地図見ずに走ったので、見事に間違えR152へ。仕方ないので
そのまま三遠南信自動車道、県道251号線経由し飯田市内へ。

と言う事で、本日のツーリング終〜了。
R153で南下し最後にくらがり走ってR1。ハーレーの店の前通る際パッと見ると
ロッカーがどんっ!と。
見る為にチョイと寄ってから本日も無事、無事故無違反にて帰着。

09:44 - 19:35
26.23km/L
388.7km, 025578km
にほんブログ村 バイクブログへ

GW:3泊4日四国一周キャンプツーリング

先日ようやく書き上げたサイト用のレポ。いやはや時間かかりますなぁ・・・
しかし、今後は時間かかっても書かねばと思いました。
なにせ、先送りにすると写真は在っても、詳細忘れてしまいますからね・・・



と言う事でレポ開始〜。
25日出発して和歌山潮岬にてキャンプして行くつもりでしたが、
夜勤明けだったので取りやめ26日に出発。
そのお陰で100km位の間雨に降られた・・・
まあ、その後は、期間中全日晴れでしたけどね。
 == Day One ==
伊勢湾岸、名阪国道、都市高で明石へ。
今まで近くにあるローソンから見上げるだけだった、明石海峡大橋を渡り淡路へ。
明石海峡大橋
淡路ICで下り道の駅へ。昼食を摂ったり、撮影したりししばし過ごす。
マップルおすすめである31号線で南下し途中の野島断層保存館へ寄る。
95年の阪神淡路大震災の爪あとを今に残す場所。
元気良く回ってる風力発電用の風車下の駐車場に停め、
入館料(¥500)払って中へ。
野島断層保存館・風力発電
野島断層保存館1
野島断層保存館2
野島断層保存館3
野島断層保存館4
野島断層保存館5
後半にあるコンクリート住宅は一見何も無い感じですが、地面は大幅に
ずれてたり、当時を再現した内部にパワーの片鱗を垣間見る事が出来ました。

31号線に戻り、南下。かなり快適なルートで速度も出ます。
しかし、地元の方から取り締まりのこと聞き怖かったので私目は安全運転。
大鳴門橋を眺める事の出来る道の駅「うずしお」へ寄ってから
本日の野営地である吹上浜キャンプ場(¥1400)へ。
管理人常駐で中々良い場所でした。飯と風呂は近くのゆーぷるにて。
吹上浜キャンプ場1
吹上浜キャンプ場2
吹上浜キャンプ場3
== Day Two ==
必然的に早寝早起きになるキャンプ泊。
6時過ぎには撤収作業も完了し出発。いよいよ四国上陸!!
大鳴門橋を渡り鳴門北ICで下り11号線、
県道183線(鳴門スカイライン)へ。是非今度はSSで来たい快走路でした
R11号線で西へ行き、R193へ。
お遍路中の方々を横目に「遂に来たんだ〜」と・・・
最初の目的地は徳島県・美馬市脇町、うだつの町並み
「うだつのあがらない」の語源となった美しい漆喰壁の古民家が残ってます。
脇町・うだつの町並み1
脇町・うだつの町並み2
脇町・うだつの町並み3
脇町・うだつの町並み4
藍商佐直・吉田家住居1
藍商佐直・吉田家住居2
藍商佐直・吉田家住居3
藍商佐直・吉田家住居4
藍商佐直・吉田家住居5
ぶらりと散策してたら、家屋の開館である9時になったので内部へも。
藍商佐直の屋敷(¥500)は純和風の家屋もまた実に落ち着くのだなぁと実感、
かなり好かったです。自らの趣向を認識出来た点でもね。
ココの入場券見せれば入れるのが下のオデオン座。
知る人ぞ知る大衆劇場です。私目は知りませんでしたが・・・
ここは「虹をつかむ男」の舞台になった場所だそうで。
意外なタイミングでのロケ地訪問となりました。
脇町・オデオン座1
脇町・オデオン座2
脇町・オデオン座3
脇町・オデオン座4
この劇場がまた良い雰囲気でね。
「是非一度はココで演劇観たいものだ」と思いつつ撮影しとりました。

脇町を後にしR192で東へ。徳島市からR55で南下。
阿南市に在った案内で蒲生田岬を思い出したので其方へ。
中々面白い、路面の綺麗なしかし四輪多めの狭道を楽しみつつ岬へ到着。
四国最東端也。
蒲生田岬灯台
もと来た道を引き返し、R55でしばし南下、お次は
県道147号線(南阿南サンライン)
南阿南サンライン展望台駐車場
程々に綺麗な路面とワインディングで走りの方も楽しそうな場所でした。
R55の再び戻り目指すは室戸岬
牟岐からはマップルおすすめルートになってる通り快適で景色の良い道で
快走出来ます。なので、当然の事ながら速度注意です。
「私目も点数気にしなくて良ければ、3桁だったかな?」と。
R55北
R55南
室戸岬1
室戸岬2
室戸岬3
んで、岬到着。その知名度の所為か少々期待してた。
が、もし問われたとしても明確な答えは無いのだが何か期待ハズレ。
数箇所で撮影した後、灯台の方も回ってから二日目の野営地である
県道203号線(室戸スカイライン)沿いにある夕日ヶ丘キャンプ場へ。

夕食は室戸市内に行き探すも結局ほか弁。
風呂も周囲に温泉がなかったので、敷地内のシャワー。
お陰で、持って来てなかったモノを探さなければならない羽目に。
まあ、ほか弁近くのミニデパ的所で簡単に揃えれたので良かったが・・・
夕日ヶ丘キャンプ場
== Day Three ==
鳥の歌声に起こされ、気持ちよく起床。早速撤収開始〜
しばらくして、隣に張ってたお遍路中の御仁から話しかけられ、
コーヒーをご馳走に。遍路に関すること等々しばしの良い時間を。謝謝

7時前に出発し、海岸線の快走路R55を北上。
高知市に近づき多少込み合ってきたなぁと思ってると、
手結港可動橋
国道から見たときはアートかと思ってしまった。
丁度上がったばかりの手結港(ていこう)に架かる可動橋でした。
現役の可動橋見たのは初めてだったので少し感動。
よく考えると朝話しかけられてなければ、見れて無いのだよねぇ・・・
そういう定めだったのだろうね、今回は。

予定ではその先で地方道に入り高知市迂回する気だったが、
スッカリ忘れ市内突入!!
通勤ラッシュにしばし時間を食い通過。そこからはR56。須崎市からR197で
四国カルスト
の方へ。途中、四万十川源流点の看板・・・・・
「行かずに居られようか?」と言う事で寄り道。
堂海公園内の施設でうどん食ったりしつつ、
源流点の名に相応しくオフロードだよなぁと思いつつも突き進むと、
碑までの最後の行程はやっぱり岩ゴロゴロなトコ在りのダート。
SSならいざ知らずFでは行ける自信・・・無事到着。
Sなのにオフでも扱いやすく楽しかったので、
「GSは一体・・・」と実に気になってる今日この頃・・・

碑に在った案内に因ると徒歩25分だそうで。気合入れて登山。
四万十川源流
なかなかハードでした。まあしかし、無駄に開発されて無い分イイですが。
引き返し、復路のダートは「あれ?この程度の距離だったの?」的に
あっという間に下り終え、R197へ戻る。少し進みマップルお勧めの
東津野村城川林道
へ。路面良しなワインディングで楽しみながら進む。
ここでも途中の案内板見て寄り道。長沢の滝へ。
長沢の滝1 (1024x768 312kb)
長沢の滝2
ここもまた良い景色で実に良かったです。穴場???
林道に戻り、48号線(四国カルスト公園線)まで快走。
東津野城川林道
四国カルスト1
四国カルスト2
山口や福岡のカルストとは違い標高が高いので見晴らしの良いこと。
開放的でゆったりとした雰囲気もまた好かったです。
地図上で見る周辺部のワインディングもかなり面白そうですし、
是非また、訪れたい場所です。

マップルおすすめルートで南下しようと思ってましたが、
林道が崩落の為通行止め・・・仕方なく379号線、2号線で南下。
が、この道も実に面白く爆走し予想外に楽しめました
R197に出てからしばし東に行きR439で本日の野営地十和村を目指す。
因みにココも3桁国道らしい道で、中々面白かったです。
「ホント、四国の道ってワインディング天国で好いなぁ」と。
ふるさと交流センターキャンプ場
== Day Four ==
何処まで回れるか次第でフェリーに乗るか否かを考えるつもりで出発。
見事なこいのぼりの為数分後には停車。
調べてみると、なんとココが元祖だそうで。それに相応しい規模で壮観!!
十和村・四万十川に架かるこいのぼり
沈下橋1 (1024x768 307kb)
沈下橋2
しばらく行くと今度は沈下橋
四国に来て撮影しない訳にはいかないからね。
まずは最初のトコで撮影。しか〜しそこは生活道路として機能してたので、
3回も押しては引きの往復する羽目に・・・

良い運動にはなりますが、もう少しゆっくりと撮りたいと思いつつ見てると
脇に新しい橋がある橋発見。「ココなら行けるかも?」
と、よく見ると車両止め。と言う事で新しい橋渡って引き返し撮影。
こういう時はバイクの利点が大きい事を実感いたします

撮影の方も満足し、お次は最南端の岬を目指します。
R381を南下、道中今後鹿見たら鮮明に思い出してしまいそうなその無残な姿を
目にし、どうやったらこういう状態になるのだと四輪に対しての疑問発生。
なにせ、二輪は踏んだりぶつかれば自らも少なからず被害を受ける訳で、
やはり「殻に包まってる安心さ、その所為で発生する死角の多さや
運転の簡易性から来るものなのかなぁ?」
などと・・・

中村市からはR321。ここも快走路であっという間に土佐清水。
348号線(足摺スカイライン)で岬の駐車場へ。
中心の展望台、そして天狗の鼻展望所、灯台の順に巡った。
足摺岬1
足摺岬2
室戸岬とは違い中々の景観。今年は飛び石だった所為か?
通行規制はかかってませんでしたが中々の人・人でした。

27号線を通ろうかとも思いましたが結局スカイライン経由でR321、
宿毛市内まではそのまま国道を使い、市内からマップルおすすめの4号線へ。
50kmほどの快走出来るワインディングでホント好い道でした。
4号線・宿毛津島線1
4号線・宿毛津島線2
4号線・宿毛津島線3
R56に合流し宇和島市へ。
丁度腹も減り始めてたので市内に在った味奈味にて昼食。
食後、隣の畑田本舗東高前店でお土産を買い発送して貰った。
接客面良好で、次機会が在ればまた行こうと思う店舗でした

その先はそのままR56で行くのも良しでしたが、それでは面白くないので
海岸沿いを走るR378で少し遠回り。
私目磯の香りは苦手で、特別海が好きな訳では無いですが
幾つもの漁師町が点在しのどかな空気漂うここは好かったです。
今回は漁港で止まるって事は無かったですが、
「次回は止まってマッタリするのも在りかなぁ」と。
八幡浜市に近づくにつれ写真の様な場所に。
何時もなら爆走するトコですが、漁港の空気の影響か?マッタリと走行し
R378
市内を抜け、R197(佐多岬メロディーライン)へ。
一旦フェリー乗り場の様子見た後、灯台へ。
駐車場から灯台まで徒歩1.8km。
初っ端から下り坂のモロ「行きは良い好い帰りは怖い」行程でした。
佐田岬灯台
三崎港へ引き返し、18:30の便に乗船し、
短いような長いような充実した四国ツーリングは終了。

と言う事で3泊4日の四国辛うじて一周ツーリングのレポでした。
ココまで読んでくださり感謝・感謝です

初上陸な今回は地図のみで場所選定し回りましたが、
ホント何処も良かった。夏休みは北海道の予定でしたが、帰着以来
再び四国を巡ろうかなぁとずっと考えてます。
ダート天国でも在るので是非ともオフ車で行きたい所ですが、次が夏だとすると
それまでに揃えれるのは無理なのでお次もオンを満喫って事に。
しかしながら、オンでも狭道・酷道好きには堪らない道ばかりなので、
不満を持つ事は全く無いと確信してますけどね・・・

なお、サイトのレポは上記とは違った写真と記事で制作してますので、
以下リンク先の方も宜しければどうぞ。
Independent Mind - Touring Report 20080426-29
 / 初上陸!!四国辛うじて一周ツーリング
佐田岬半島
にほんブログ村 バイクブログへ

佐賀愛知860km。
岩国・広島、寄り道して無事GW連休終了。

今回は、最初に四国回って大満足してしまった所為か?帰ってからのツーは阿蘇
行っただけ。なのだけど、祖父のトコに挨拶行ったり、映画3本観たり、
唐津のバイク屋に挨拶に行ったり、三瀬・背振の山中を爆走したり、
叔父の家に行ったりと、充実した連休でした。
12日間もあった所為か、あっと言う間という感じも無かったですし。

と言う事で残すとこ2日は帰路。佐賀から愛知へ。
途中、ZZR乗ってた時に知り合い、最近K100RSに乗り換えられたばかりの
さとっちさんとの久しぶりのマスツーしてからね。

5日は朝6時半頃出発すればいいやと6時起床。
しかしながら結局7時出発。んで、そのまま大和ICから高速へ。しばらくして
ふと、「調べたのは福岡−山口南間の距離だったなぁと・・・」約60km、
少なく計算しとりました。200km弱を2時間以下で走らねばならない事に
気付き、巡航速度を上げ、途中給油に止まった以外走り続けギリ?到着。

メールしようとしてたら、挨拶され久しぶりの対面に〜。
約二年ぶり。月日が経つのは早いなぁと改めて・・・・挨拶も早々に出発。
山口県・岩国は岩国飛行場(岩国基地)のフレンドシップデイへ。

周辺部は流石14万から20万が集まるだけあり大変な混雑。
氏の下調べのお陰で大した苦も無く基地内へ。
やはり米軍の基地だけあり、対侵入者用の設備が埋まってたり好い感じ。

航空際は小牧に一度行った事があるけど、規模が違うね。
ココなら朝から晩まで飽く事無く楽しめそうでした。


その広大な敷地に驚きつつゲートから時計回りに巡る事に。
C130系の輸送機、上記中写真のMC-130Hコンバット・タロンII、
KC-135R空中給油機ストラトタンカーなんかも在って、入る為長蛇の列・・・・
今回は並びませんでしたが、次の機会には「是非、内部を」と。

そんなんしてたらF16が離陸しフライトショー。当然の事ながら28mm-90mmは
使えません。8メガを切り取って之(下)ですからね。こういうトコ行くと
やはり600mm欲しくなりますね。普段は広角側なんですが・・・

敷地には普段
日本の街中では観る事の
出来ない車両なんかも
在ったりして、それを
観るのもまた楽しみの
一つではないかと。

治外法権と言うか?
アメリカと言うか?
を感じる面でした。


腹が減ったのでチョイと
早い昼食。やはり、
ココでしか食べれない
モノホンの味と言う事で

Steak Set(¥1000)
さとっちさんゴチになりました。

普段は牛肉は全く
食わない人ですが、
意外にいけました。

まあ、網焼きだった所為だと思いますが脂肪と量も丁度良く、硬さも私的に
好みに在ってて、マッシュドポテトも悪くなく、意外にアメリカの食生活には
苦労しないかもと思ったり。最も少々味付けが濃く塩辛いのは難点でしたが。
コークも本場物。色は体に悪そうな色で甘さも大分強め。
しかしながら日本に在る物より好みだったり・・・・

適当なトコに座り、食いつつ話してたらあっという間に13時過ぎてた。
ので、基地を後にし次の目的地へ向かう事に。



と思っても帰り際にもまた何かある訳で、F15等々が並び、
陸自のコブラが在ったり、掃海機が在ったりと、目を楽しませてくれる。

でもってその先には、またもや国内では目にする機会が少ない筈の

ハイウェイパトロール仕様のビクトリアやマスタング。
K1000、R1100RTなど見て触れる車両が展示されてた。
更には個人所有らしきスポコン系やワイルドスピード系のカスタム車もズラリ。

そんなん見てたら空ではホーネットの編隊飛行や着陸を見れたり。
結局ゲート通るまでにまた時間が経ってしまった。

ゲート近くにはランボルギーニ ムルシエラゴ。

自己を明確に表現するデザインは流石ですねぇ。
某メーカーと違い10年経っても古さを感じさせないであろう感もまた・・・。

基地を後にし向かったのは、
サイトの方で何度か見て行きたいなぁと思ってた錦帯橋。

川自体も大分人の手が入ってるみたいなので、自然美ではないですが
まあ綺麗であるのは事実。¥300が高いか安いかは微妙な所ですが、
まあ一度は来ても良いのではないかと思います。

その後は白蛇(¥100)見に行き、岩国美術館(¥800)が在ったのでそこへ。
私目の趣味にお付き合い頂き有難う御座いました。
刀剣をはじめとする古武具や当時の漆具、屏風等が展示してあり
なかなか良い目の保養になりました。

外に出た時には15時過ぎ一応、解散と考えていた時間ではありましたが、
疲れも殆ど無かったので、もう少し足を延ばす事に。

と言う事で行ったのが広島市内。
少々、二輪を停めれる場所を探すもそもそも少なく、満車だったり、
更にはパニヤ付だと入らないような場所にあったりと、
改めてまだまだ改善の余地在りな世の中だなぁと。特に地方は。


今まで横目で見る事は在っても、公園内に入って見る事の無かった原爆ドーム。
ただの廃墟ではありますが、15キロトンの原爆の威力を象徴してます。
キロで之だけの被害だった訳なので、メガトン級の水爆が使用された日には
どうなるのやら・・・

バイクの所に戻る頃には18時過ぎ。
時間的に丁度良くなったので、夕食摂ってから解散という事に。

R2上り沿いのお好み焼き屋に入り、そば・うどん・ごはん入りで焼いて貰った。

之がまた3つも混ぜたにもかかわらずバランスが良く好いお味でした。
値段の方も今回は二人で一つ。¥1200のやつにうどん・ご飯のトッピングで
計¥1500でしたので安かったです。
量のほうも丁度良く腹八分目になりましたし。
次ぎ行った時にまた行きたいと思う店でした。

気付けば20:00と言う事で店を出、解散。
夜勤明けでのお付き合い頂き、
更には食事等々ゴチになりまして、
有難う御座いました。
お陰でただ帰るのではなく楽しみながら帰る事が出来、良い日一日でした。
また次、走る機会もあると思いますがその時もよろしくお願いします。

帰りは、そのまま高速で一路。
しか〜し、めっさ寒い。息が白いんですけど・・・・・
今は、確か5月だったはず。昼間と夜間の温度差があり過ぎるでしょう。
仕方ないので、下はジーンズ重ね穿きし上は合羽着て何とか無事帰着。

今回大和−玖珂間はマトモに払って¥4900。
志和−豊明間は2時まで走ってたので4割引適応で¥4950だったからね。
改めてETC割引無しで走るのは馬鹿馬鹿しい感を・・・・

7:00-2:21
25km/L-27km/L
863.3km / 024956km
にほんブログ村 バイクブログへ

いよいよ明後日からGW。んで、四国ツー

本日の夜勤が終わればGW。
なのに、まだパッキング始めて無かったり・・・・

10日以上部屋を空けるわけなので、済ませるべき事を考えると
夜勤明け25日に出発して潮岬ってのは少々キツイかも?
なんて思ったり・・・・まあ、鳥羽まで高速使えば良いかな?とは思うが。

よく考えると携帯のバッテリーが持たない事にも気付いたり・・・・
今回はFなのでシガーソケットは在るけどプラグ無いのだよね。
オマケにコンバーターも実家だし。
かつてSSで行った時はチャンと配線して充電可能にして行ったけど
今回は見事に忘れてた。
仕方ないので日中は電源切って、日一のチェックのつもり。


全泊キャンプの予定。
流石四国、無料や低価格でヨサゲなキャンプが多くてね。

回る場所として今回は淡路島
うだつのあがらないの語源な街並み:うだつ
日本一低い山:弁天山
蒲生田岬室戸岬
四国カルスト
足摺岬
佐多岬

と、上記箇所付近また行程にあるスカイライン等を選定。
ベースを決めただけで、ルート等は基本的に当日の気分次第。
うどんもね

週間天気予報ではなんと全日晴れもしくは曇予想。
天はこのツーリングをサポートしてくれそうだ。

5月は3日に不良中年のキャンプがあるので行こうかと。
そうすれば4日に生月のあごだしラーメン食いに行けるし。
で、5日はさとっちさんと山口ツー、んで帰路。
なので高千穂、阿蘇は1日・2日どちらかって事かな。
まあ、いずれにしても

た・の・し・み

にほんブログ村 バイクブログへ

ひみつ集会等々東京行きな週末・・・

四国ツーのプラン作りしてた所為か、
 珍しく今週は日勤にも関わらずあっという間の一週間だった。

んで、今週末は【プロペラ犬】ひみつ集会エクストラ也。

本日は前夜祭的な昨年公演の「マイルドに死ぬ」の上映会。
19時から。

まだ出発して無いのは天候の面で山走る気は失せており、
東京まで300kmしかないからで、
やはりこの地方に居るのは「楽で良いな」と・・・・佐賀と比べるとね。

もち、区内だったり武蔵野や川崎辺りに住処が在れば更に好いけど。
とは言え、ツーリングの面から言えば、関西等へのアクセスは、
やはり、愛知は真中なので楽。
各地に7箇所位拠点を持てればなぁと改めて・・・・

でも、警察の取り締まりを考えると、佐賀に居た頃が懐かしい。
あちらは実に平和だった気がする。
なにせ、愛知はワースト1を誇る県。それに伴い取り締まりも多い。

対処療法だけじゃあ・・・原因療法やろうと思わない警察には少々閉口。
運転してて毎回実感するのだけど、周り全く観て無く
メリハリの無い運転するヘタクソが多いからね。

まあ、住んでる以上仕方の無い事だけど・・・・
と言う事でもうチョイしたら出発なり。高速でね。
<<back|<123>|next>>
pagetop