August 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ツー予定:GW四国一周

休憩時間にプラン考え早3日。

あっという間に行きたい場所だらけに・・・・

その気ならば10日間でも楽に過ごせそうな勢い。
とは言えやはり阿蘇、高千穂、生月には行きたいと思ってるので、
当初の予定通り4月が四国で5月は九州。

問題はイサム・ノグチ庭園美術館。
29日しかないのがやはり微妙。

一旦室戸岬回って戻ってくるルートも考えたが、それだと四万十流域楽しむ
時間が少なくなるわけで・・・・・
今回はパスしとこうかなぁと考え中。
しかも、トウキョウリラックス見直してみると直島のベネッセアートサイト
勘違いしてたみたいで・・・・(とは言え知った以上は何れ行くけどね)

地図上からでも面白そうなルート、狭道が多くオフ車なら更に楽しそうで、
持ってたらなぁなんて思いますが、まあ無いものは仕方ない。
オススメルートと狭道やワインディングを時間の許す限り繋いで
期間中、四国の道を堪能すべく出発日までルート練るつもり也。

桜見!to 佐久間ダム

本日はタイトルの通り、愛知と静岡の県境に位置する佐久間ダムへ
はいえな氏をお誘いし行って参った。

8時半に合流し、まずは作手へ何時ものルートで。
R301で元気の好いグループが追いついてきたので抜かせて、
付いて行こうと思ったら、コーナーではビックリの大減速・・・
見事なまでの直線番長でした。

しばし道の駅で休憩した後、出発。
氏とのツーでは久しぶりの先導、先ほどの交差点まで戻り35号線へ。
私目の好きな狭道を程々に楽しみつつ北上。
R473に入ってからはしばしルート通りに。

R257の途中では、対向のドカ?だったと思うが減速指示。
またやってんのか・・・」としばし50km定速走行。
電柱の陰に隠れるようにして隠れきれてないオフィサー、
チョイと先に止まってたパンダ。

対向のバイク乗りに感謝感謝。

まあ、しかしR257は気をつけねばいけませんなぁ・・・
今後はココは四輪に付いて法定走行する様にしましょ。

後半は案内表示に従い、通ったことの無い道で、地図でも確認出来ない
道で1号線沿いの郷土資料館の所へ合流。
そのY字路にはかなりの傾斜があるのだけど、気にせず行ったら
エキパイ擦ってしまった・・・・
で、佐久間ダム。

今年もタイミング良く見頃を迎えておりました。

しかしココ、売店も自販機も無いのが痛い
せめてこの時期だけでも販売してくれればなぁと。
でも、湖のゴミ見るとやっぱ無い方が良いのかもねと思ったり。
世の中にはビックリする人間も居る訳だからね。

こういう時はファインダー覗かねばならない一眼は不便。なにせ
下からのアングルは思い通りに撮れないからねぇ。う〜む、E−3が欲しい・・・
Dスナ持って来れば良かったと思いつつもどうしようもないので撮影。
まあ、満足出来る絵は撮れたのだけどね。

そこからは暫し狭道のワインディングを堪能。
こう言う道ではニーグリップと上半身の柔軟性命なお陰で筋肉痛・・・
ハングオンの筋力のリハビリはスカでやれてましたが
よく考えると狭道用のリハビリは余りやってなかった所為ですな。
とは言え、一人の時の様な走行は出来ないので
本日の走行が良いリハビリとなりました。明日が心配ですけどね。

一号線を直走るとR418と合流。
しか〜し、なんと予定してた道は通行止め・・・・
仕方なく、少し先から回る事に。
で、その際通ったのが県道430号線。ココが中々ハードな道。酷道でした。
その分、川沿いでかなり景色の良い場所でしたけどね。
区間に二箇所キャンプサイトも在り今度使いたいなぁと思いました。
R151の合流では少し不安になりましたが、無事休憩ポイントの道の駅へ。

ここで少し遅めの昼食。

海老天丼(¥1000)を注文。めっさ小さかった・・・
氏の唐揚げ定食(¥800)見てチョット期待してしまってた所為もあるけど、
それにしても値段設定がホント疑問なメニューでした。
味の方は悪く無かったです。

でー、帰りは再び作手に寄り帰着。本日も無事、故無検挙。
ただ、久しぶりの長距離、
脳にドカの排気音が焼付いて目をつぶる度に鳴り始めてます・・・

走行距離320km程度、SS総走行距離92804km。


にほんブログ村 バイクブログへ

花見ツーとか
「プロペラ犬ひみつ集会エクストラ」とか・・・

結局、土曜は日記書いた後、MOVIX三好へ行き、
「バンテージ・ポイント」を鑑賞。

見せる視点を変えていき段々と収束するつくりは中々でしたが、
ストーリーはハリウッド的な作品。
まあそれでもほどよ良く楽しめる映画だったかと。
ウィル・スミス主演の「アイ・アム・レジェンド」の鹿狩りのシーンに登場した
マスタングには、マフラーから轟くV8の咆哮と赤い車体に痺れましたが、
この作品ではなんと日産のティーダが登場。
実にカッコ良く撮れてました。
エンジンサウンドも良くて意外な走り見せてましたし。

その後行った本屋ではそろそろ読んでおかねば的作品を含む4タイトル8冊と
「クーリエジャポン」、そしてようやくの購入となる
「東本昌平 RIDE1−バイクに乗り続けることを誇りに思う」を購入。
久しぶりに¥5000越えちゃったよ・・・

バイク乗りなら、買いなっせ。損はしないはず。
最初のストーリーではDUCATI 750SSが、
カッコイイ親父と共に描かれていて、思わず欲しくなりました。
やはり骨董車ってのは魅力的に感じます。
実際にツーリング先で目にする機会も在り、その際、
そのスタイルや音に毎度痺れてますからね。
ガレージにSS900、900SLそして750SSを並べ
峠では若者や最新モデルを追っかけまわす様な爺になりたいものです。




今週末は日勤明けなので、土日は自由時間が多い。
岐阜のキャッチへの部活もあると思うけど、通して参加すると
一日潰れるからねぇ・・・・せっかく岐阜行くのに勿体無いよね。
会場まで行って、そこで分かれて近場寄った後、
滋賀や福井の桜でも見に行こうかなぁなんて仕事しながら考えてた。

なんせ、通勤路や会社の桜は満開だったものでね。
青い空と美しい桜見た日には走りに行きたくてウズウズしてしまう。
バイク乗りの性也ね。
まあ後4日あるんで何処行くかはボチボチ考えましょう。



昨日の【プロペラ犬】オフィシャルブログで告知があったのが、
今月19日、20日のひみつ集会エクストラ。
最初の告知では、エキストラってタイトルに???でしたが・・・
19日は前夜祭として昨年の公演「マイルドに死ぬ」の上映会が3回行われ
蔵出し映像も回によって違うものが観れるそうな。
まあ、当然行くつもりですが、流石に三回は観れる気がしないので、
伊豆辺り走ってから夜の回を一回観ようかと。
で、一泊して千葉走って夜は集会ってのがベスト。
問題は当選するのか?ってトコ。恐らく何時もの通り抽選だろうから・・・
まあその時は伊豆一泊ツーベースのプランに変更だな。もしくは千葉半周。

どちらにしても今月も楽しみが多いって事で。
やはり楽しみがあるってのは幸せな事なのだろうね。余り実感は無いが。

月ヶ瀬行ったり、舞台観に行ったり。ネット使えなかったり・・・・

木曜に今まで個人的に契約する事無く使えてたネットが使えなくなり、右往左往。
ipconfig等PCの問題かも?と色々やったけど結局使えなかったので、
担当に連絡して調べてって言ったのだけど、連絡無し。

数日で回復するかな?と思ってたけど結局回復しなかったので日曜に申し込み。
んで、昨日繋げてみたら復旧・・・・・・何なんだいったい???

何事も自分で管理出来た方がやっぱり楽で性に合ってるなと実感。
今回のような問題だと微妙だったりするけどね。

しかし、ネットが使えないってホント不便。
劇場の場所調べる際もまずは住所調べ。なので如何に依存してるかを改めて・・・



土曜は朝からDats名古屋へ。
オイル交換の為。何時ものモチュール5100。
相性の良い感があるので15W40って言ったのだけど、明細には10W40・・・・・
記載間違いなのか?入れ間違いなのか?
まあ、どちらでも良いけどね。

12時前には作業も終了し、そのまま月ヶ瀬へ行って参った。
混雑する市内を敢えて通ってから名阪国道で一路。

前回行った時は咲いてませんでしたが、今回は8分咲き位に咲いてました。
一度は諦めてた梅だったので、行って良かったです。

でもって次は桜。
今の所何にも週末の予定は無いので、気が向いたら行くつもり。

(2005年4月9日に花見に行った時のレポ)



翌、日曜は舞台鑑賞。オレガチャレンジ「岡本でございます」の為東京へ。
往復路共に一部下道の一部高速で、走行距離711km。
久しぶりに中々疲れたなぁと実感する行程でした。

でもって、オドは20728km。11ヶ月弱で2万キロ走行を達成。
やはりBMW買って距離感の喪失が進んだようで・・・・・

西村雅彦さんの舞台を観るのは今回が初めてでしたが、
中々面白かったです。千秋楽って事もあり最後もまた良かったですし。

早速次回の公演も秋に予定されてるそうで、行くか?只今考え中也。
秋は「プロペラ犬」の公演もあるからね。



その夜、帰着後気付き観たのがBS日テレの
「水野美紀 世界遺産をゆく 金閣寺・国王を夢見た男の輝きの世界」

この番組がまた興味深くて面白かった。
金閣寺って一度中学の修学旅行で行って以来なのだよね。
愛知からだと全く遠くないのだけど、全く行く気にならなくて・・・・
昨年「金閣寺」読んでるのでその時、行く気になっても良かった様にも思えるが、
そうはならず。しかし、番組観たら行きたくなった。

やはり映像媒介だと影響の受け方が違うのだね。
訪れた際の記憶では美しいと感じて無かったのだけど、
番組内で観る金閣寺は確かに美しいと思えた訳で・・・・
まあ、当時の美的感覚に難が在った可能性もあるでしょうが。

なので、今度訪れた際、

美しいと感嘆するのか?
改めて嫉妬するほどの美しさでは無いと思うのか?

之もまた楽しみだったり。


月ヶ瀬梅林ツーリング
「ルパン・ザ・night」
「岡本でございます!」 「 49日後・・・」

少々風が強く気温も高くはなかったですが、良い天気で。週末はどうかな?
と思ってましたが、晴れてくれましたので、行って参りました。

月ヶ瀬

7時くらいに起きて洗車して行こうかと思ってましたが、
余り本気ではなかった様で9時起床。早速着替え、F拭き上げて出発。
豊明から高速で。
程々な速度で快走してると、前方のISに張り付き始めた不審な車。

ルームミラーは一段(後で確認すると横に二枚でした)
ゴツイアンテナも確認出来ず、ヘルメットも未装着でハッキリとは分からない。
しかし、男二人と漂うオーラ。

ウズウズしてる四輪が後ろに居たので走行車線へ。
でもって様子見〜〜〜〜ISは乗り手が巧くて巧妙に避けてて関心
そんな中後ろに居た車、予想通り加速〜〜140km程度に。
案の定ピカ〜んと赤色灯。

色んな覆面が居るもんですねぇ。
去年岡山でねずみ/一発までは見た記憶の無い覆面でしたが、
最近は良く見る様に。と言うか流石に点数無いので気が張ってて
気付く様になっただけかも知れませんが・・・
しかし、まだ中心はセダンなので良いですが、
プリウスなんか使われた日には分からないよなぁなんて思ったり。

後10ヶ月。耐警センサー鈍らずに捕まる事無く無事過ごせれば幸いだが・・・

四日市付近では何故か渋滞。もちすり抜けしましたけどね。
名阪国道も注意しつつ3桁走行し、久しぶりの月ヶ瀬。
やはりシーズン、観光客で四輪が多かった。まずは湖畔の里へ。
タイヤの温度見てみると意外に温かく・・・・結局そのまま走る事に。
農道や県道を40分ほど、軽く流してから再び。
月ヶ瀬にて、タイヤの使用状態-2008/03/08
まあ、リーンウィズだとバンクは深くなりがちなのでこんなものでしょう。
徐々にフルバンク出来る季節が顔を見せ始めてはいますが、まだまだ。
早く峠を満喫したいものだ。

で、今回の目的だった
見事
月ヶ瀬の梅、つぼみ
咲いておりませんでした。
ココまで成ってるものも少なく、今年も月ヶ瀬梅林見る事叶わず・・・残念。
まだ咲いてなかった、月ヶ瀬梅林



先日知ったのが「ルパン・ザ・night

ルパン三世の最新作「ルパン三世 GREEN vs RED」のDVD発売を
記念して各所のTOHOシネマズ系で開催される文字通りナイトなイベント。
東京以外は15日。名古屋でも開催だったので早速チケット購入。
同日他の開催地は23時からだけど、
名古屋は21時から。で、終わるのが27時。
DVD上映ではありますが「カリオストロの城」が無ければ決めてないかも?
前からスクリーンであの作品は観てみたいと思ってたのでね。
あと一週間、実に楽しみだ

JUGEMテーマ:漫画/アニメ



でもってその次の週は今年、第一弾の舞台鑑賞。
岡本でございます!」名古屋公演。
ラジオをよく聞く方だとご存知かと思いますが道草で放送された同名作です。
車乗ってる時に一度聞いただけでは在り、面白かった記憶が在ったので
購入してました。主演は西村雅彦さん。之だけで十二分に期待です

因みに第二段は今の所GW明けの「49日後・・・
出演は池田成志、古田新太、八嶋智人、松重 豊、小田 茜。
と豪華な面々。コチラもかなり楽しみな作品。

よく考えるとその次の週は東京モーターサイクルショーな訳で。
今月は意外と予定が詰まっております・・・・・
次のマスツーリングは結局4月になるのか???

ブログランキング・にほんブログ村へ

「わが闇」序に大阪は楽しみ、月曜は凹み・・・・・

日曜は7時頃起床し、名古屋駅へ。
予定通り余裕を持って到着。
駅近くのセブンイレブンにて美術館のチケット発券。
で、乗車券を購入すべくカウンターへ。

往路は急行で行く予定だったので乗車券のみ。
復路は21時半頃の便を照会すると30分頃と58分だそうで。
迷い、余裕を持って21時58分の席を購入。

東海道本線にてまずは米原。乗り換えて大阪へ。
クサイ香水に、伸びも出来ない場。
立ったまま列車に揺られる事、約2時間半。
日頃、二輪という超・開放的な乗り物ばかりに乗ってると
かなり辛かった。
公共機関というものは合わないのかな?やっぱり。

大阪着は予定通り。
大阪からは環状線で弁天町駅へ、中央線に乗り換え大阪湾へ。
まずは、サントリーミュージアムで開催されてる
「サンクトペテルブルグ 国立ロシア美術館展 ロシア絵画の真髄」へ。
と着いてビックリの75分の入場待ち!!だった訳で。

こんな感じでね。(写真のこの時は60分程度だけど)
会場は予想通りの混雑ぶり・・・・
身長と視力を生かし一歩引いて鑑賞。
まあ、間近で観たい作品も在ったのだけどね・・・・
イヴァン・アイヴァゾフスキーの≪天地創造≫、≪月夜≫
ヴァシーリー・マクシモフ≪盲目の主人≫
ヘンリク・シェミラツキ≪マルタとマリアの家のキリスト≫
イヴァン・シーシキン≪冬≫、
イサーク・レヴィタン≪草が生い茂った池≫

が特別印象に残った作品。
残ってる印象としては、写実的で雄大だなぁって事か。

もうしばらくしたらまた東京で開催されるので、
また機会が在れば行こうかな?などと考えてる。
今回はジックリ観れる不雰囲気では無かった訳だしね。
帰りはショップで、図録とオリジナルトート等を購入。

会場を後にし携帯で時刻を確認すると13時50分。
メチャクチャ丁度良い時間!!早速、発着所へ。

大阪湾クルーズを楽しめるサンタマリア号
名前の通りコロンブス船団のサンタ・マリアな訳。
倍の大きさでディーゼル船だけどね。


タンカー見て船員ってのも良いかな?と思ったりしつつ・・・

約50分、¥1500(美術館に¥980への割引券在)
そして15時。
プランでは大阪駅周辺のスポットへ。だったが、時間的に・・・
そのまま劇場方面へ移動。弁天町までは嫌な満員電車。
距離が短いだけマシだけど・・・・・
大阪からは環状線で大阪城公園。そして大阪城・天守閣へ。

外から見る分には良いのだけどね。絵になるし。

でもって景色も良い。

しかし、内部は唯のビル。
ついつい姫路城と比べてしまい幻滅・・・・

出る頃には17時前。
17時半開場なので劇場へ。
初めての劇場へ行く時の恒例。迷う!
地図見るも駅の場所勘違いし読み違い・・・・・
住所確認し犬の散歩中の爺さまに聞き無事。
って言うほどの距離でもないのだけどね。

公演時間見てみると18時開演、10分休憩の21時15分閉演。
「アブねぇ〜。」
58分の新幹線で良かった。ギリギリだが・・・・

ナイロン100℃の舞台は初めて。更に二階席ってのも初めて。
『わが闇』というタイトルにも惹かれ実に楽しみにしていた作品。
まあ、最終的なキッカケはココの記事だったけどね。
万人に共通する闇を描いてあり、私的に期待していた闇とは異種だったが
期待以上の面白さだった。
途中の「この世界は明るすぎる」的な台詞に納得・共感したり、
坂井さんのあんなシーン在るなら一階席の前列が良かったと思ったり。

坂井真紀さんはカッコよく美しく、大倉孝二さんも良かった。
で、今回初めての岡田義徳さんが良かった。
知ったのは「木更津キャッツアイ」なのだけど。
あの役出来るだけあるね、今更だが。カッコイイし声良いし。
今後は要チェックな俳優に追加也。

終わると直に開場を後にし、駅へ走る。
舞台観た後は余韻を楽しみたいのだけどそうも言ってられない。
ホームに降り立った瞬間、入ってくる電車。
大阪駅へは21時38分頃着き、新大阪への電車を少し待ち、
新幹線ホームに上がった直後、名古屋行きが到着。
無事、指定席の料金を無駄にする事無く乗車し、帰着。

往復とも新幹線で行けばよかったと少々後悔。
田舎の鈍行だけ普通列車で行くとしよう。今後は。



そして、月曜日。
少々起きる時間が遅く、Fのエンジン始動させたのは
何時もより6分遅い時間。

その所為で少々焦りが生じたようで・・・・・・




朝っぱらからコケた。
今回は、認識してたのだけど、残念ながら反応出来ず。
幸運にも?カウルの削れは無かったのだけど、
購入時より予想していた通りエンジンカバーが削れた・・・・
之で更に査定が落ちるな・・・・
乗り潰すかな。5年10万キロで。
まあ今のペースなら4年で行きそうだけどね。
そしたら次はGSかな?
PCの壁紙にしてて見る度欲しくなってるからね。

そして現在、打撲と起こした所為での筋肉痛な日々・・・・

JUGEMテーマ:舞台鑑賞 and 大阪

岐阜・紅葉ツーリング


8時過ぎに起床し、ルート選定等をして準備。
天候は曇り、上下革では寒そうだったのでファブリックで出発。

適当に走り11号線へ。



なかなか面白い道だった。残念な事にウェットだったが・・・・
途中多少雨に降られたもののそのまま恵那まで。

雨の中津川等、木曽海道六拾九次之内の第3期の展示が開かれている
中山道広重美術館へ。
来月の企画展は「浮世絵にみる忠臣蔵」。コチラもまた面白そうだ。

近くの店で昼食。中々のボリュームで1000円。また機会が在れば行こうかと。

そこからR19で土岐へでR21沿いの鬼岩公園へ。
任意の公園維持費は¥200入れて、登り始める。そして現れる巨石群。

 


柵も無い巨石の上に立ち眺める景色はかなりのもの。



そしてルート上にあった穴。
センサーライトが設置はされてはいたのだけど反応せず・・・
カメラのAFのフラッシュで確認しつつ内部へ。
漆黒の闇の中フラッシュで浮かび上がる物体。なんか居ました・・・・・

 


駐車場でしばし休憩。
気温10℃なのだけどそれなりに歩いた為全く寒くなかった也。
なんか満足感があったのでそのまま帰ろうかとも思ったが、
近くのもう一箇所にも行く事に。

そして着いたのがココ。めい想の森。

 


「既に散ってるよ・・・・・」と残念に思ったのもつかの間奥に在りました。

 


ココは景色も良く、丁度空模様も美しく、また来たいスポット発見出来た也。

 


帰りはDATS名古屋に寄って帰宅。

09:32 - 19:37
261.8km / total 015030km
14.37km/L
<<back|<123
pagetop