July 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

「レンブラント版画展」そして約6万のお買い物

本日より楽天ブログ - A Better Tomorrowより引越し。
ドイツの四輪、
ドイツの二輪、イタリアの二輪の八輪生活と言うお馬鹿な趣味人の日常なり。




夜勤明けの土曜、先日までスッカリ忘れていた名古屋ボストン美術館
開催されている『レンブラント展』に行ってきた。



まだ美術鑑賞始めて日が浅いのも在りあまりレンブラントに興味は
無かったのだが、取り敢えず有名所であったので観て来たのだけど、イイね。
ダリの世界観も好きだけど、レンブラントの闇と光の表現はかなり良かった。
今回は版画のみだったので次は他の作品を鑑賞したいものだ。

27日も美術鑑賞の予定。
国立西洋美術館で開催されてる『ムンク展』に行こうかと。
その日はまた舞台鑑賞の日でもある。
水野美紀さんが立ち上げたプロペラ犬の旗揚げ公演
『マイルドにしぬ』の初日なのだよね。今回は東京・大阪・神奈川と3
回の鑑賞すべくチケット3枚。舞台は生で演じるだけあって、
何度観ても微妙な違いがあったりして、楽しめるからね。

それ以外では3月公演の西村雅彦さんの『岡本でございます!』を確保。



その後はバイク用品を物色する為、レーシングワールドの南名古屋店へ。
ウェアとタイヤを物色。ジャケットはアウトレットコーナーに
POWERAGEのアイボリー系のジャケット発見。¥25000。
グローブは好み無し、でもってお目当てのインナーも無かった。
ジャケットに後ろ髪ひかれつつも退散。

次はしゃぼん玉へ。
 
をゲット。
グローブはまあ必要無いと言えば無かったし、
実を言えばSEEDで着けた感じが良かった左か
 
見た目が惹かれる右のどちらかを買うつもりだったのだけど、
店舗在庫としてはどちらも無かったのでね。
バイク乗り始めて初めて買ったジャケットがシンプソンだったりと、
お気にで好きなメーカーだし。
まあ、一時期は着てる人多くなって、
デザインも好みじゃない時期も在りはしたが・・・・

ブーツは、寿命だったので買わざるを得ず。
他に良いのが在ればとも思ったが、結局2万以下で防水、
更にソールがやわらかい物は之しかなく。

まあ、ネットではDIADRAって
メーカーの商品(コチラ)は良いかなと思ったのだけど、
納期がね。4週間〜・・・
今回一気に買う理由が月末から12月頭にかけ
東西の都への往復が3回入ってる為だったので見送った。
しかし、そろそろツーリングブーツではなく
ガエルネかプーマのレーシングブーツを買いたいものだ。

で、インナーパンツ。今年は寒くなりそうなモノの
「上下革でも快適ライディング」がテーマだったので、
HYODのパンツに合わせHYODのジャケットではなく、
インナー選んでみた。本日試着した感じでは中々ヨロシイのですよ、之が。

写真の通り革パンでも目立たない。革は風は通さないものの、
表面温度が下がる事により冷気が伝わって来るから冬穿けない訳で、
空気の層を作り、冷気の伝わりを抑えれれば穿けるのだからね。
まあ、ホントはブレスサーモ等の方が良いのかも知れないけど、
まあ¥3000だし。相応のコストパフォーマンスは期待出来るでしょう。


で、一旦家に帰り品を置いて、ジャスコ東浦店へ。
目的はユニクロのフリース。ネットショップで買おうかとも思ったが、
色がね、どんな感じか分からないしと買出し序に店舗で見て買う事に。

しか〜し、目当ての品は色(黒・白・赤)とサイズ(L・XL)が無く、
しかも、メッチャ汚いのですけど・・・・・
汚れてると言う意味ではなくなんか掴み取りの後的な感じでね。

第二候補だったフリース2着2色と、
コーデュロイのシャツを2着2色持ってレジへ。
インド系?な美人な店員さん発見!! 
そこに行ければ好いなぁと思いつつ・・・・二箇所空く。
そして前のおばさんは店員さん2人の案内スルーしてそのお姉さんのとこへ・・・
Damn!


ライトオン、雑貨も覗き物色。ラングラーの
白のジャケットとディスプレイしてあったカーゴパンツは良かった。
また次の機会に!と今回は我慢。
雑貨の方でもバスケットやチェアー等々
なかなか好いシックなインテリアが幾つか。勿論コチラも我慢。
バイクで行ったので持って帰れないからね。


今週、キラっぽい漫画の表紙で売れ行き好調らしい太宰治著の
「人間失格」を読んでたのだが、
なぜか無性にドストエフスキー読みたくなってたので、本屋へ。
 
   
 
 
以上9冊を購入。因みに本年度の目標である読書年100冊。
今年はなんかかなり楽にクリア出来そうな感じ。
来年度は月10冊にしとくかな?

そして、モールを後にしようとエスカレーターで下りてる途中、
ふと見てはいけない物を・・・・・
中々ヨサゲなコート。¥17000。値段も手頃だしね。
問題は一番似合うであろうスーツを僕は着ないという事で・・・・・
しかしながら、周りを見るとそちらにもヨサゲ〜なジャケットの数々。
コーデュロイのジャケット買ってしまった。
かなり必要無いのだけどね。
なにせバイクウェア以外を着る機会って、人並み−80%位な人なのでね。


最近はアジアン雑貨等々にも興味があるし、服も人並みに興味が出てきたので
意外にモール等でウィンドウショッピングってのも楽しめそうな気・・・
映画観る前に・・・
とか、フラリと出かけた先の町で・・・とかなんかヨサゲだ。

JUGEMテーマ:車/バイク

岐阜・紅葉ツーリング


8時過ぎに起床し、ルート選定等をして準備。
天候は曇り、上下革では寒そうだったのでファブリックで出発。

適当に走り11号線へ。



なかなか面白い道だった。残念な事にウェットだったが・・・・
途中多少雨に降られたもののそのまま恵那まで。

雨の中津川等、木曽海道六拾九次之内の第3期の展示が開かれている
中山道広重美術館へ。
来月の企画展は「浮世絵にみる忠臣蔵」。コチラもまた面白そうだ。

近くの店で昼食。中々のボリュームで1000円。また機会が在れば行こうかと。

そこからR19で土岐へでR21沿いの鬼岩公園へ。
任意の公園維持費は¥200入れて、登り始める。そして現れる巨石群。

 


柵も無い巨石の上に立ち眺める景色はかなりのもの。



そしてルート上にあった穴。
センサーライトが設置はされてはいたのだけど反応せず・・・
カメラのAFのフラッシュで確認しつつ内部へ。
漆黒の闇の中フラッシュで浮かび上がる物体。なんか居ました・・・・・

 


駐車場でしばし休憩。
気温10℃なのだけどそれなりに歩いた為全く寒くなかった也。
なんか満足感があったのでそのまま帰ろうかとも思ったが、
近くのもう一箇所にも行く事に。

そして着いたのがココ。めい想の森。

 


「既に散ってるよ・・・・・」と残念に思ったのもつかの間奥に在りました。

 


ココは景色も良く、丁度空模様も美しく、また来たいスポット発見出来た也。

 


帰りはDATS名古屋に寄って帰宅。

09:32 - 19:37
261.8km / total 015030km
14.37km/L

浜松へぶらリング&モーターショー写真

先日のモーターショーの帰りのエキパイへの穴出現。



原因は単にボルトが飛んで行っただけでした。
R357沿いにライコランドがあるのでそこへ寄って応急処置して
帰ってきたのですが、本日ドカ浜へ行って処置してきた。



OH後、低速で扱い難いなぁとは思ってたのだが、それが普通だと思ってた。
しかし、今日持って行ったら、「ステムベアリングが・・・・・」と。
そういえば、出す前はフロント回りに違和感が在ったんだっけか・・・・
すっかり忘れてた。



こんな状態だった。
清掃とグリスアップで回復。しかしながらフレーム側に
圧入されてるパーツに凸み。寿命でした。9万キロだとやはり
彼方此方消耗してますなぁ・・・・・・取り敢えず注文。
交換は来年のシーズンインまでに、のつもり。序に企みがあるのでね。

乗り出してみると驚きのスムーズさ。
暫く乗って無いと状態が分からなくなりますな。


第40回東京モーターショーはこんなんでした。

 
 
 
 
 
 
 
 
 


適当に一部を載せました。
他の写真はサイトの方のツーレポをどうぞ。
[ 第40回東京モーターショー ]ツーレポ
両方作るのはかなり面倒なもので・・・お陰でかなり溜まっております。


帰りに足助辺りの紅葉を撮影のつもりだったのだけど、時間的に無理だった。
と言う事で紅葉は明日。岐阜方面に行ってくるだに。
序に恵那の広重美術館に第3期の浮世絵の展示も観てくるなりよ。BMでね。

ゲストが水野美紀な『ガリレオ 第5話 絞殺る』&『真・女立喰師列伝』

昨晩放送された僕の好きな女優 柴咲コウさんが出てるドラマ
『 ガリレオ 』
柴咲さんと真矢さんら美人女優に加え
ゲストとして大好きな男前女優水野美紀さんが出演されてた。

ストーリー自体は分かりやすかったのだけど楽しめた。
出演者の良さは勿論の事、
やはりキャラクター設定がそもそも面白いからだろうね。
原作が東野氏なだけあるかも。

実を言うと悪役な美紀さん観たかったけどね・・・・・



土曜の晩は『 真・女立喰師列伝 』の公開初日舞台挨拶に行ってきた。
その模様はコチラ by CINEMA TOPICS online

押井監督をはじめ6作品の監督と水野さんを含む出演者、
主題歌を歌う樹海の愛未さんらが来場。
短い時間だったけど、楽しい時間を過ごした。
前作は観て無いのでどうなのか分からないが、2作目である今作は面白かった。
様々な美しき女立喰師を描いた6作品で構成されるオムニバス。
当然?の事ながら水野さんの主演の「荒野の二挺拳銃 バーボンのミキ」が一番。
藤田陽子さんもかなり魅力的でした。

現在(今月30日まで)が渋谷のシネクイントにてレイトショー、
来月12月からはテアトル梅田
そして来年1月から名古屋のシネマスコーレにて公開。
モロ単館系なので、誰でも観れる訳ではないですが、なかなか面白いですよ〜。
私目はもう一度、シネマスコーレで観るつもり。

翌日曜に行ったモーターショーのレポ・・・・・・・
本日ようやく使う写真の整理完了。後は本文書けばいいのだけど、
明日は早出+何時もより長い時間の残業の予定。書く暇がなさそうな・・・・・
土日になるかな?

「サンシャイン2057」、「プロジェクトBB」、「スモーキン・エース」、「ブラッド・ダイヤモンド」

日曜にお山で遊んだ所為で月曜は内股は筋肉痛・・・・・
先日の兄弟ツーの翌日も300km走行の所為でそうだった。

しかし、OH前は之で500kmオーバーの日帰りツーリング
平気でやってた訳だからねぇ。しかも、全行程下道で・・・
BMWで能登と日光行った時は700kmだけども、高速使った訳だし、
鹿児島行った時は往復高速だったけども、
900kmオーバーしかも転倒して帰ってきた訳で。
今振り返ると、本当に自分の記憶なのだろうかと思ってしまう・・・・・

やはり徐々に距離を延ばしていくしかないな。
とは言え、2台在ると超長距離はやはり楽な方で行ってしまいそうだが・・・


と言う事でシネマウィーク。観た映画のレビューのつづき。
今回も劇場公開時観たいなぁと思ったものの観ずに終了した物が多い。
まずは、「28日後...」のダニー・ボイル監督作品の
『 サンシャイン2057 / SUNSHINE 』

出演者にはキリアン・マーフィー、真田 広之
ミシェル・ヨー、クリス・エヴァンス、ローズ・バーン。

僕は嫌いではないですが、ハッキリと好みが分かれる作品かと思います。
「28日後...」や「テッセラクト」が嫌いでなければ観てみてもいいのかな?と。
出演者陣的に一番気になったのはミシェル・ヨー。微妙な配役だと。
世界各国の出演者を集めてる割にはなんだか地味な作品になってました。

コンマ数秒で絵を挿入したり、ワザとぼかしたりする演出には少々疑問だ。

ハリウッド的ではない、ダニー・ボイル流(英流?)なSF映画かと。

『 サンシャイン2057 / SUNSHINE 』

2007 / USA / 108min
ダニー・ボイル:監督
アレックス・ガーランド:脚本
:出演
キリアン・マーフィー、真田 広之、ミシェル・ヨー、クリス・エヴァンス
ローズ・バーン


『 ブロジェクトBB / Rob-B-Hood / 寶貝計劃(Bo bui gai wak) 』

2006 / HongKong / 126min
監督:ベニー・チャン
出演:ジャッキー・チェン、ルイス・クー、カオ・ユェンユェン、マイケル・ホイ、ユン・ピョウ

次はジャッキーのアクションコメディー。
まあ、普通に安心して観れます。
この作品の赤ちゃん子役。可愛すぎ!!


『 スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい / Smokin' Aces 』

2006 / USA / 109min
ジョー・カーナハン:監督
:出演
ライアン・レイノルズ、レイ・リオッタ、ジェレミー・ピヴェン
アリシア・キーズ、アンディ・ガルシア、ベン・アフレック、ピーター・バーグ

エース・イズラエルを殺せば、100万ドル。
金を求めて集まった殺し屋達そしてFBI、入り乱れての殺し合いの幕が上がる。
イズラエルを仕留めるのは果たして???

この作品が女優デビューとなるアリシア・キーズ演じる殺し屋も魅力的で、
意外に面白かった。特にエンディングは私的に◎。


『 ブラッド・ダイヤモンド / BLOOD DIAMOND 』

2006 / USA / 143min
監督:エドワード・ズウィック
出演:レオナルド・ディカプリオ、ジェニファ・コネリー、ジャイモン・フンスー
マイケル・シーン、アーノルド・ヴォスルー、カギソ・クイバーズ


ありふれた石に価値が与えられているダイヤモンド業界。
そしてそれを牛耳るヴァン・デ・カープ。まあ誰が見ても=デ○○スだけどね。
その暗部を描いたサスペンス・ドラマ。

実にイイ作品でした。是非とも鑑賞を。
ジェニファー・コネリーも良かったし、
駄作「タイタニック」は嫌いだけど、こういう作品でのディカプリオは流石。
バンディー親子を演じる二人も流石でした。

好きな俳優の一人であるアーノルド・ヴォスルーが出てたのも好かった。
22世紀に残したい名作かと。人類の歴史と言う側面でもね。


価格を維持するには供給量を支配しなければならない訳で、
この作品で描かれているのは現実だった。
もしくは現在も進行中だと考えなければならないだろう。
現時点でもアフリカ大陸では戦争が絶え間なく続いている訳だし。

アフリカ大陸の問題はそのまま人類の問題なのだよね。
食糧不足によりゴリラまでもが食用で市で売られてたり、
学校に行きたくても行けず、カカオ畑で働きながらチョコの味さえ知らぬ兄弟。
AK74などを持ち戦争に駆り出される少年達等々。
ルワンダで起きた最悪のジェノサイド。
小説等で描かれている人身売買も然り。
目的もペドから臓器移植まで、金に為る事はビジネスに為る。
紛争の裏にはイリジウム等
レアメタル目的の企業や国家・諜報機関が裏に居るのまた事実。

それらはすべて、富の在る地からのしわ寄せ。
資本主義社会に生きる者として、知っておかなければならない事実。

日本で毎日コンビニ等で廃棄される食物が加工されずに
アフリカへ行ったのならどれだけの人が健康を取り戻すだろうか?
どこぞのコンビニでは最低廃棄量が基準化されてたとこも在るらしいしね。
先進国で追及される利便性。
その裏に存在する事までもまた想像力を働かせ考えなければならない。

とは言え、チョコは大好きだし、何時でも金を出せば
食料が手に入る生活はなかなか捨てられるものでは無い。
ふとそんな時、自らの愚かさを再認識し存在の必要性を自らに問うてしまう。
人の命が地球より重い等という戯言は言わないが、
少なくとも、人と人では同じ。
そう考える事は出来ても、その後どう生きるのか?という答えが見つからない。
この様な問題は答えの無い問いなのか
もしくはとてつもなく難しいのかもしれないが、考えずには居られない。

この世界はバランスで成り立っていると割り切り暮らすべきなのだろうか・・・


そして、そんな事を考えつつ起きたら東京へGO也。
目的は初日舞台挨拶在りな映画鑑賞と東京モーターショー。
生憎の雨だけど、
まあ残り少ない寿命なタイヤの減りが少ないので良しとする。
<<back|<29303132333435>|next>>
pagetop