December 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

浜松へぶらリング&モーターショー写真

先日のモーターショーの帰りのエキパイへの穴出現。



原因は単にボルトが飛んで行っただけでした。
R357沿いにライコランドがあるのでそこへ寄って応急処置して
帰ってきたのですが、本日ドカ浜へ行って処置してきた。



OH後、低速で扱い難いなぁとは思ってたのだが、それが普通だと思ってた。
しかし、今日持って行ったら、「ステムベアリングが・・・・・」と。
そういえば、出す前はフロント回りに違和感が在ったんだっけか・・・・
すっかり忘れてた。



こんな状態だった。
清掃とグリスアップで回復。しかしながらフレーム側に
圧入されてるパーツに凸み。寿命でした。9万キロだとやはり
彼方此方消耗してますなぁ・・・・・・取り敢えず注文。
交換は来年のシーズンインまでに、のつもり。序に企みがあるのでね。

乗り出してみると驚きのスムーズさ。
暫く乗って無いと状態が分からなくなりますな。


第40回東京モーターショーはこんなんでした。

 
 
 
 
 
 
 
 
 


適当に一部を載せました。
他の写真はサイトの方のツーレポをどうぞ。
[ 第40回東京モーターショー ]ツーレポ
両方作るのはかなり面倒なもので・・・お陰でかなり溜まっております。


帰りに足助辺りの紅葉を撮影のつもりだったのだけど、時間的に無理だった。
と言う事で紅葉は明日。岐阜方面に行ってくるだに。
序に恵那の広重美術館に第3期の浮世絵の展示も観てくるなりよ。BMでね。

ゲストが水野美紀な『ガリレオ 第5話 絞殺る』&『真・女立喰師列伝』

昨晩放送された僕の好きな女優 柴咲コウさんが出てるドラマ
『 ガリレオ 』
柴咲さんと真矢さんら美人女優に加え
ゲストとして大好きな男前女優水野美紀さんが出演されてた。

ストーリー自体は分かりやすかったのだけど楽しめた。
出演者の良さは勿論の事、
やはりキャラクター設定がそもそも面白いからだろうね。
原作が東野氏なだけあるかも。

実を言うと悪役な美紀さん観たかったけどね・・・・・



土曜の晩は『 真・女立喰師列伝 』の公開初日舞台挨拶に行ってきた。
その模様はコチラ by CINEMA TOPICS online

押井監督をはじめ6作品の監督と水野さんを含む出演者、
主題歌を歌う樹海の愛未さんらが来場。
短い時間だったけど、楽しい時間を過ごした。
前作は観て無いのでどうなのか分からないが、2作目である今作は面白かった。
様々な美しき女立喰師を描いた6作品で構成されるオムニバス。
当然?の事ながら水野さんの主演の「荒野の二挺拳銃 バーボンのミキ」が一番。
藤田陽子さんもかなり魅力的でした。

現在(今月30日まで)が渋谷のシネクイントにてレイトショー、
来月12月からはテアトル梅田
そして来年1月から名古屋のシネマスコーレにて公開。
モロ単館系なので、誰でも観れる訳ではないですが、なかなか面白いですよ〜。
私目はもう一度、シネマスコーレで観るつもり。

翌日曜に行ったモーターショーのレポ・・・・・・・
本日ようやく使う写真の整理完了。後は本文書けばいいのだけど、
明日は早出+何時もより長い時間の残業の予定。書く暇がなさそうな・・・・・
土日になるかな?

「サンシャイン2057」、「プロジェクトBB」、「スモーキン・エース」、「ブラッド・ダイヤモンド」

日曜にお山で遊んだ所為で月曜は内股は筋肉痛・・・・・
先日の兄弟ツーの翌日も300km走行の所為でそうだった。

しかし、OH前は之で500kmオーバーの日帰りツーリング
平気でやってた訳だからねぇ。しかも、全行程下道で・・・
BMWで能登と日光行った時は700kmだけども、高速使った訳だし、
鹿児島行った時は往復高速だったけども、
900kmオーバーしかも転倒して帰ってきた訳で。
今振り返ると、本当に自分の記憶なのだろうかと思ってしまう・・・・・

やはり徐々に距離を延ばしていくしかないな。
とは言え、2台在ると超長距離はやはり楽な方で行ってしまいそうだが・・・


と言う事でシネマウィーク。観た映画のレビューのつづき。
今回も劇場公開時観たいなぁと思ったものの観ずに終了した物が多い。
まずは、「28日後...」のダニー・ボイル監督作品の
『 サンシャイン2057 / SUNSHINE 』

出演者にはキリアン・マーフィー、真田 広之
ミシェル・ヨー、クリス・エヴァンス、ローズ・バーン。

僕は嫌いではないですが、ハッキリと好みが分かれる作品かと思います。
「28日後...」や「テッセラクト」が嫌いでなければ観てみてもいいのかな?と。
出演者陣的に一番気になったのはミシェル・ヨー。微妙な配役だと。
世界各国の出演者を集めてる割にはなんだか地味な作品になってました。

コンマ数秒で絵を挿入したり、ワザとぼかしたりする演出には少々疑問だ。

ハリウッド的ではない、ダニー・ボイル流(英流?)なSF映画かと。

『 サンシャイン2057 / SUNSHINE 』

2007 / USA / 108min
ダニー・ボイル:監督
アレックス・ガーランド:脚本
:出演
キリアン・マーフィー、真田 広之、ミシェル・ヨー、クリス・エヴァンス
ローズ・バーン


『 ブロジェクトBB / Rob-B-Hood / 寶貝計劃(Bo bui gai wak) 』

2006 / HongKong / 126min
監督:ベニー・チャン
出演:ジャッキー・チェン、ルイス・クー、カオ・ユェンユェン、マイケル・ホイ、ユン・ピョウ

次はジャッキーのアクションコメディー。
まあ、普通に安心して観れます。
この作品の赤ちゃん子役。可愛すぎ!!


『 スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい / Smokin' Aces 』

2006 / USA / 109min
ジョー・カーナハン:監督
:出演
ライアン・レイノルズ、レイ・リオッタ、ジェレミー・ピヴェン
アリシア・キーズ、アンディ・ガルシア、ベン・アフレック、ピーター・バーグ

エース・イズラエルを殺せば、100万ドル。
金を求めて集まった殺し屋達そしてFBI、入り乱れての殺し合いの幕が上がる。
イズラエルを仕留めるのは果たして???

この作品が女優デビューとなるアリシア・キーズ演じる殺し屋も魅力的で、
意外に面白かった。特にエンディングは私的に◎。


『 ブラッド・ダイヤモンド / BLOOD DIAMOND 』

2006 / USA / 143min
監督:エドワード・ズウィック
出演:レオナルド・ディカプリオ、ジェニファ・コネリー、ジャイモン・フンスー
マイケル・シーン、アーノルド・ヴォスルー、カギソ・クイバーズ


ありふれた石に価値が与えられているダイヤモンド業界。
そしてそれを牛耳るヴァン・デ・カープ。まあ誰が見ても=デ○○スだけどね。
その暗部を描いたサスペンス・ドラマ。

実にイイ作品でした。是非とも鑑賞を。
ジェニファー・コネリーも良かったし、
駄作「タイタニック」は嫌いだけど、こういう作品でのディカプリオは流石。
バンディー親子を演じる二人も流石でした。

好きな俳優の一人であるアーノルド・ヴォスルーが出てたのも好かった。
22世紀に残したい名作かと。人類の歴史と言う側面でもね。


価格を維持するには供給量を支配しなければならない訳で、
この作品で描かれているのは現実だった。
もしくは現在も進行中だと考えなければならないだろう。
現時点でもアフリカ大陸では戦争が絶え間なく続いている訳だし。

アフリカ大陸の問題はそのまま人類の問題なのだよね。
食糧不足によりゴリラまでもが食用で市で売られてたり、
学校に行きたくても行けず、カカオ畑で働きながらチョコの味さえ知らぬ兄弟。
AK74などを持ち戦争に駆り出される少年達等々。
ルワンダで起きた最悪のジェノサイド。
小説等で描かれている人身売買も然り。
目的もペドから臓器移植まで、金に為る事はビジネスに為る。
紛争の裏にはイリジウム等
レアメタル目的の企業や国家・諜報機関が裏に居るのまた事実。

それらはすべて、富の在る地からのしわ寄せ。
資本主義社会に生きる者として、知っておかなければならない事実。

日本で毎日コンビニ等で廃棄される食物が加工されずに
アフリカへ行ったのならどれだけの人が健康を取り戻すだろうか?
どこぞのコンビニでは最低廃棄量が基準化されてたとこも在るらしいしね。
先進国で追及される利便性。
その裏に存在する事までもまた想像力を働かせ考えなければならない。

とは言え、チョコは大好きだし、何時でも金を出せば
食料が手に入る生活はなかなか捨てられるものでは無い。
ふとそんな時、自らの愚かさを再認識し存在の必要性を自らに問うてしまう。
人の命が地球より重い等という戯言は言わないが、
少なくとも、人と人では同じ。
そう考える事は出来ても、その後どう生きるのか?という答えが見つからない。
この様な問題は答えの無い問いなのか
もしくはとてつもなく難しいのかもしれないが、考えずには居られない。

この世界はバランスで成り立っていると割り切り暮らすべきなのだろうか・・・


そして、そんな事を考えつつ起きたら東京へGO也。
目的は初日舞台挨拶在りな映画鑑賞と東京モーターショー。
生憎の雨だけど、
まあ残り少ない寿命なタイヤの減りが少ないので良しとする。

F800Sのリコール

リコール対象車両だったので、該当箇所の対策に朝からディーラーへ。

内容はというと
基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因が
(1)原動機の組み立て工程において、取り付け工具の不適切な使用により、スパークプラグの先端が損傷しているものがある。そのため、スパークプラグによる点火が正しく行われず、エンジンが不調となるおよび排出ガス値が基準を満たさないおそれがある。

(2)原動機のクランクケースのカバー外面の塗装が不適切なため、当該カバーを取り付けるボルト締め付部の塗膜の一部が割れて剥離するものがある。そのため、そのまま使用を続けると、ボルトが緩み、オイルが漏れるおそれがある。


で、改善措置の内容が
(1)全車両、スパークプラグを新品と交換する。

(2)全車両、ボルトを規定トルクにて再度締め付ける。また、油圧警告灯が点灯・点滅した車両は、クランクケースカバーのガスケットを新品と交換する。


先日交換出来なくて良かったって事か。
すでに問題無く1万5千キロ走ってた訳なので1400円得したのかな?
カバーの方はオイルの滲みがあったので、様子見。

でもって、ヘッドカバーからの滲みも言うとガスケット交換、
在庫無の為後日と言う事に。ただし、部品自体が供給が
間に合ってないみたいで時間が掛かるみたいだ。
という事は他にも同じ症状の人が居るって事な訳か・・・・・・

序にエアクリーナーフィルター交換、プログラム更新を。


待ってる間に持っていった文庫は読み終えてしまったので、
雑誌等読んでたら目に留まった↓

株式会社 レゾナンスのフリーペーパー(月刊)
時代をサバイブするアーバンプロフェッショナルマガジン『 ahead 』
これがまたかなりイイ雑誌で、貰ってまいりました。
今後はBMディーラーでの一つの楽しみですな。

作業完了し、乗ってみると低速が更にスカスカに為った様な・・・・
また5千回転以上での独特な加速感も無くなりなんかスムーズになって、
前以上に刺激が無くなった様な・・・・・
プログラム更新しない方が良かったかな?まあしばし様子見だね。


13時前に一旦帰宅し、乗り換え。SS900にてスカイラインへ。
先日立ち読みしたバイク雑誌に載ってた
アクセルオフでのコーナー進入を試そうかと思ってね。

何時も低速コーナーではやってた事だったのだけど、
SS的(80km以上)ハイスピードなとこでは無理だった。
なにせオフにするとそのままエンブレが聞いて減速・・・・・・
何の問題も無い速度まで落ちてしまう。最高速220kmのSSでは
ギア比的に無理だったのかも?と。もしくは6速で走るか?
まあその前にラインを煮詰めた方が良さそうなのだけど・・・・

タンク塗装・・・・完。

ブログ引越し先を決めかねてる・・・・

Seesaaにすべきかここにすべきか?


土曜は、金曜に磨き上げ完成させてた
タンク塗装−ナイトホークブラック
を載せ変えようと予定していた。が、生憎の天候。
しかし、早朝作業開始。なのだが途中で工具が無い事が判明・・・・

ホームセンター開くまで数時間あったので珍しく朝食摂って就寝。
普段やらない事をした為、酷い腹痛・・・・・・んなこんなで起床は14時。
雨も降ってたので買出しは後回しにし、グラブバーの磨き。
グラブバーバフ掛け−800番研磨
最も時間のかかる作業、#800の耐水ペーパーで、組み付け後隠れない所を
滑らかにした。後は本日以降、#1000から初めて#2000まで磨いてから、
青棒等で磨けば完成だ。

タンクの載せ変え作業は、
買出しに行き帰ると暗くなってしまったので、先送りに。
土曜に済ませて日曜にはテストがてらツーに行くつもりだったのになぁ・・・・
まあ、来週末は3連休なのでツーはそちらに回すとしよう。
<<back|<293031323334
pagetop